着る洋服を見ることで浮気の裏付けをすることもできるでしょう。

浮気をしているときに、目に見えて出現してくるのは着る洋服のちがいです。

お洒落には今まで関心がなかったにもか代わらず、突然、服装にこだわりができたら注意する必要があるでしょう。

これから先浮気をしようとしていたり、浮気している人がいるかも知れません。

成功報酬の場合、気を付けるべきなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。

実際のところは不明りょうであっても、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気かどうかの証拠をつかむことなく、調査についてはそこで完了し、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

妻又は夫が浮気していることが明らかになっても今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやらないほうが無難です。

浮気の事実を突き止められると妻または夫の頭に血が上って、居直ってしまって、夫婦関係が修復不可能になる可能性を否定できません。

しかも、浮気相手に直接関わった結果、精神的に追い詰められてしまうかも知れません。

レシート、クレジットカードを調べると浮気の証拠をみつけることもできるはずです。

最初に、普段立ち寄らないような毎回、コンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

そこで逃さず見ていたら、運がよければ浮気の瞬間をとらえることが出来るかも知れません。

浮気の調査を探偵に任せ、しっかりとした確証が得られれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

パートナーが信用できなくなってしまうと一生を供にするのは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかも知れません。

また、配偶者の不倫相手に慰謝料の支払いが課せられれば確実に別れ指せることもできるはずです。

もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができるでしょう。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、あなたの年齢、結婚歴等様々な事を考えて裁判所に委ねることとなります。

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つです。

実費にふくまれるのは、電車やバスなどの交通費、証拠となる写真のフィルムや現像費などですが、調査中の食費が加わることも少なくありません。

時間給は、人数×時間で費用を算出します。

調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむりゆうです。

探偵事務所調査を依頼し、浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。

相手が浮気をしているのではないかと思った場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。

けれども、浮気の証拠を自分だけで手に入れるとなると、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。

理由としては単純で、あなたの顔が相手に知られているからです。

探偵の尾行代が幾ら位かと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当たり前のことですが、調査員が少数なら安く、多ければ多いほど高くなります。

また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、確認がいります。

浮気現場の日時がわかっていると、調べる時間が少なくて済むので、調査費用のお財布への負担を減らせるのです。

といっても、いつ浮気をしているのかを知っているにしても、顔見知りにいって写真撮影をお願いすると、多くが失敗するにちがいありません。

勘づかれないように写真を撮りたいときはやはり探偵にお願いするのが最も確かな方法でしょう。